ジェントス GENTOS ショットシェル 激安通販ショッピング 121D SH-121D 1本 148-7035 充実の品 直送品

ジェントス(GENTOS) GENTOS ショットシェル 121D SH-121D 1本 148-7035(直送品)

ジェントス GENTOS ショットシェル 121D SH-121D 1本 148-7035 充実の品 直送品 121D,ショットシェル,1本,事務機器/家電/電池/照明 , 懐中電灯・ライト , 懐中電灯 , 乾電池式LED懐中電灯“ショットシェル”,GENTOS,ジェントス(GENTOS),148-7035(直送品),maeaguia.org.br,589円,/posthumous781235.html,SH-121D 589円 ジェントス(GENTOS) GENTOS ショットシェル 121D SH-121D 1本 148-7035(直送品) 事務機器/家電/電池/照明 懐中電灯・ライト 懐中電灯 乾電池式LED懐中電灯“ショットシェル” 589円 ジェントス(GENTOS) GENTOS ショットシェル 121D SH-121D 1本 148-7035(直送品) 事務機器/家電/電池/照明 懐中電灯・ライト 懐中電灯 乾電池式LED懐中電灯“ショットシェル” ジェントス GENTOS ショットシェル 121D SH-121D 1本 148-7035 充実の品 直送品 121D,ショットシェル,1本,事務機器/家電/電池/照明 , 懐中電灯・ライト , 懐中電灯 , 乾電池式LED懐中電灯“ショットシェル”,GENTOS,ジェントス(GENTOS),148-7035(直送品),maeaguia.org.br,589円,/posthumous781235.html,SH-121D

589円

ジェントス(GENTOS) GENTOS ショットシェル 121D SH-121D 1本 148-7035(直送品)

商品の特徴 ●リフレクターレンズ搭載のLED懐中電灯です。●後部にカラビナ付きで携帯に便利です。●手元作業時に。
商品仕様 メーカー ジェントス ブランド ジェントス(GENTOS)
オレンジブック発注コード 148-7035 トラスコ オレンジブックコード検索対象 トラスコ オレンジブックコード検索対象品
光源色 白色 電源 単2アルカリ電池×1本
明るさ 80lm 保護等級 IP54
本体色 外径(mm) 33.5
スイッチ仕様 ON-OFF 使用LED 日亜製
使用電池 単2アルカリ電池×1本 全長(mm) 98.5
照射距離 52m 落下耐久 1m
最大点灯時間(h) 8 白色
明るさ(lm) 80 照射距離(m) 52
点灯時間 8時間 材質/仕上 ・本体・アルミ
最大点灯時間 8時間 落下耐久(m) 1

「明るさ(lm)」「全長(mm)」「明るさ」 などの 違いで 全3商品 あります。

備考 【返品について】お客様のご都合による返品はお受けできません。
●光源の直視は危険ですのでお止めください。

ジェントス(GENTOS) GENTOS ショットシェル 121D SH-121D 1本 148-7035(直送品)

臨床遺伝学センター外来

遺伝性疾患の患者様とご家族のニーズに幅広くきめ細かく応えるため、2011年8月に本センターを開設しました。国内外の臨床遺伝専門医資格を有する20名以上の医師が国際水準の医療を提供するよう力をあわせております。

詳細はこちら


IRUD未診断疾患イニシアチブ

いわゆる人体の設計図ともいわれるDNAの配列(遺伝子)を、最先端の分析機器を使って幅広く調べることで、従来の医学的検査で診断のついていない小児患者様の診断の手がかりにしようとする研究プロジェクトです。

シャチハタ ブラック8 太田 浸透印(直送品)


iPSコンサルテーション外来

iPSコンサルテーション外来は、下記の遺伝性疾患など(主として神経・感覚器を中心症状とする遺伝性疾患)に関して確定診断がなされている患者様にiPS細胞研究の現況について一般的な情報提供をさせて頂く外来です。

詳細はこちら


新型コロナウイルスゲノム解析 (COVID-19/SARS-CoV-2)

協力医療機関より患者様の検査残余検体及び臨床情報を収集するウイルスゲノムネットワークを構築、さらにウイルス全ゲノム解析プロトコルの最適化を図り、種々の検査残余検体から抽出したウイルスRNAの全ゲノム配列を高精度で解析することに成功しました。解析により得られた新規ゲノム配列情報は、積極的に国際データベースに登録・公開し、全世界の公衆衛生研究発展に寄与します。

詳細はこちら

臨床遺伝学の研究



イスカル SGホルダー SGTFR1616-4D35 1本(直送品)

臨床遺伝学センターの小崎健次郎教授より慶應義塾大学病院におけるIRUDの取り組みについて説明が行われた後、ゲノム解析の現場を見学いただきました。
新規疾患の発見も含め、800名の患者さんの3割で診断がついていること、スペインも含めた海外難病専門医との連携により診断率の向上や治療法の検討が行われていることが紹介されました。

詳しくはこちらへ


Top
慶應義塾大学医学部臨床遺伝学センター